ウィーン楽友協会プログラム一覧(2020年5月~9月)♪


ウィーンフィルのニューイヤーコンサート、ご覧になりましたか?元旦はゆっくり見られないので、録画して鑑賞しました。ウィーン楽友協会の黄金のホールで毎年元日に開催されるニューイヤーコンサート。世界90か国以上に放送され5億人が視聴する世界一有名なクラシックコンサートと言われています。


今年は、ボストン交響楽団とゲヴァントハウス管弦楽団(ライプツィヒ)を率いる、ラトヴィア出身のアンドリス・ネルソンスが初登場。若いながらも、堂々たる体格でにこやかにタクトを振る姿は、お正月に相応しかったですね。ご本人も軽やかにトランペットを吹きながら指揮をしたり、とても和やかな雰囲気でした。今年はベートーヴェン生誕250年の記念すべき年なので、ベートーヴェン作の『12のコントルタンツ』という舞曲が演奏されました。全体で初演奏曲が9曲もあり、とても新鮮でした。フィナーレは、おなじみのシュトラウス2世の『美しき青きドナウ』とシュトラウス父の『ラデツキー行進曲』で華やかに幕を閉じました。


さて、このウィーンフィルのニューイヤーコンサートチケットはびっくりするほど超高額。またウィーン・フィルは会員の方優先でチケットを販売しておりますので、チケット入手はなかなか難しい状況です。それでも、少しは予約できる演奏会もございます。または、夏に欧州各地で開催される音楽祭で聴くというのも一案かと思います。こちらに今年2020年のザルツブルク音楽とスイスのルツェルン音楽祭のプログラムをそれぞれ掲載しておりますので、ご興味あればご覧ください。


さて、今年150周年を迎えるウィーン楽友協会。オーストリアの人々に愛され、ウィーンフィル以外のオーケストラや音楽家も多数公演しています。以下に、ご旅行シーズン2020年5月から9月の楽友協会・黄金のホールのコンサートプログラムを書きますね。チケット手配も承っております。なお、ご旅行全体でのご案内となりますので、チケット手配のみはしておりません。


2020年5月ウィーン楽友協会・黄金の間コンサート
◇ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 バレンボイム指揮 マーラー作品 (5月9日、10日)現在チケット予約可能です。


◇ウィーン放送交響楽団(5月8日)

◇ウィーン・ヨハンシュトラウス・オーケストラ(5月1日)

◇ウィーン・モーツァルトオーケストラ(5月1日、2日、6日、8日)

◇ポーランド芸術管弦楽団(5月3日)

◇シュターツカペレ・ドレスデン ティーレマン指揮 シューマン作品(5月4日、5日)
3月11日一般発売開始

◇ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 ペトレンコ指揮 マーラー作品(5月9日、10日)

◇トーン・キュンストラー管弦楽団 佐渡裕指揮 ベートーヴェン作品(5月10日、15日)

◇デニス・マツエフ ピアノコンサート チャイコフスキー、リスト、ストラヴィンスキー(5月13日)

◇オーケストラ・ウィーン・アカデミー(5月12日)

◇ベートーヴェン・ピアノコンクール(5月14日)

◇ウィーン・コンツェルト・ツィクルス(5月16日)



2020年6月楽友協会・黄金の間コンサート

◇ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
アンドリス・ネルソンス指揮 ベートーヴェン作品 ほぼ完売(6月3日、4日、6日、7日)
ダニエル・バレンボイム指揮 マーラー作品(6月11日)

◇ウィーン・モーツァルト・オーケストラ(6月1日、16日、17日、19日、20日、22日、24日、26日、27日、29日)

◇ダニエル・バレンボイム ピアノコンサート ベートーヴェン作品(6月2日、5日、7日)


◇カリフォルニア大学バークレー交響楽団(6月1日)

◇ウィーン放送交響楽団 メンデルスゾーン作品他(6月6日)

◇ウィーン・ヴィルトゥオーゼン ルドルフ・ブッフビンダー ピアノコンサート(6月8日)

◇マウントあさまオーケストラ 横島勝人 指揮 ベートーヴェン作品(6月11日)

◇ウィーン交響楽団 マーラー作品(6月12日、13日)

◇ウィーン・ドームオーケストラ(6月14日)

◇ブルックナー・オーケストラ・リンツ(6月23日)




2020年7月1日~9月30日は、ほぼ毎晩(20:15~22:15)ウィーン・モーツァルト・オーケストラの公演となります

ウィーン・モーツァルト・オーケストラ

国際的な声楽家、ソリストから成るウィーン・モーツァルト・オーケストラは、当時の様式に従い、豪華な衣装で登場。モーツァルト時代に一般的だった「音楽アカデミー」のスタイルに基づき、交響曲や協奏曲から各楽章、あるいはオペラの序曲、アリアなど厳選され演奏されます。

例:ドン・ジョバンニの序曲、アリア、デュエット、フィガロンの結婚、魔笛、アイネ・クライネ・ナハトムジーク、交響曲40番、41番ジュピター、ピアノ・バイオリン、フルートコンツェルトなど。
フィナーレは、シュトラウス親子の「美しき青きドナウ」、と「ラデツキー行進曲」です。誰でも楽しめるコンサートとなっておりますので、おすすめいたします。


如何でしょうか?楽友協会は、様々な団体のコンサートを催しております。ウィーンへご旅行の際は、世界一有名な楽友協会・黄金の間でコンサートを鑑賞してみませんか?上記は、2020年5月から9月までのプログラムですが、それ以外もオーストリア・エクスプレスでご旅行のお客様には、お調べしチケットお手配承りますので、どうぞお問あわせくださいませ。


オーストリアエクスプレスは、お客様オリジナルのご旅行を提案いたします。訪れてみたい街や場所、参加されたいイベント、ご予算、大体の日程などをお知らせください。オーストリア旅行のプロが最適なプランをお創りいたします。









オーストリアエクスプレス
オーストリアエクスプレス

  • ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート
  • ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2020
  • ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2020
  • ウィーンフィル・ツアー
  • ウィーンフィルツアー
  • ウィーン楽友協会プログラム2020
  • 楽友協会プログラム2020
  • アンドリス・ネルソンス
  • 楽友協会・黄金の間
  • 楽友協会黄金の大ホール